当ブログについて(固定)
2037 / 01 / 01 ( Thu )
今回のトップは、「TINAMI」 こえだらいずキャラクターデザインコンテストで優秀賞を受賞した時の賞品。
何?ほむらの扱いが悪いって?
こえだらいずセット


当ブログは、2004年11月に同名サイトの1コーナーとしてスタートしました。
当初はマンガ・イラスト中心のブログになる予定でしたが、近年は色名事典・プチグルメ(主に変わったドリンク、スイーツの感想)・果ては音楽動画まで様々な事に手を出してしまい、自分でも混乱する位でした。

気まぐれな性格なので、これからも基本スタンスはほとんど変わりませんが、芸術系ブログである事を忘れない様にしたいです。
そして、一度手を出したものは、きちんと一つの形に仕上げたいと思います。


その心構えとして、看板と言える固定記事を授けました。
当ブログの性格を、明確にしたかったからです。
これは様子を見て、イラスト、もしくは自分で撮った写真を更新する予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。

当ブログに関するお願い。

※1)様々な事に手を出してますので、あらかじめ各カテゴリーをクリックされる事をお勧めします。

※2)当ブログはリンクフリーです。リンクはトップページにお願いします。但し基本的に相互リンクは行っておりません。

※3)現在、管理人が作成したマンガやイラストの多くは投稿サイトにアップさせて戴いてますが、当ブログの方にアップしている作品の内、一部女性向けや萌え的表現の作品が含まれている場合がございますので、苦手な方はご容赦願います。

※4) 当ブログの全ての画像を無断で転載する事を禁止します。

※5) なお、私は一連の法の力による表現規制には断固反対しています。
何故なら表現規制派は、実際の被害者が出ないマンガやアニメを、それも、表向きは「エロ作品だけ」と言いながら、実際には一般向けの作品も含め全部を規制しようとしているからです。
一度これを通してしまうと、他のコンテンツ(小説・音楽・お笑い等)も次々規制対象になる恐れがあります。
なお私の絵にほとんどエロは含まれませんが、ギャグ作品が多く、これが暴力で引っ掛かる可能性は大です。
更に、児童ポルノ法改正案で取りざたされている「単純所持の禁止」が、悪用も含めた新たな冤罪を生み出す事に強い危機感を覚えています。


この度、参議院繰り上げ当選のたるい良和氏が、衆議院議員時代に起ちあげたエンターテイメント立国推進協議会を、緊急に再起動させて下さいました。  
そこで、協議会の活動に賛同し、ブログの右上にバナーを貼らせて頂きました。
こちらも、よろしくお願いします。


また、うぐいすリボンさんの広告データは、引き続きリンク先のサイト(←)からダウンロードできます。


※「ハルイロ」のバナーは右カラムに引っ越しました。
 また、さんだーぼると様のH.P.はウイルスに感染して閉鎖中との事で、代りにブログをリンクさせて頂きました。

当ブログの管理人・セタミツコは、マンガやアニメ等の文化を潰すだけでなく、家族の思い出や成長記録(写真や動画です)にも言いがかりを付け、冤罪や犯罪利用を生み出す一方で、肝心の虐待されている子供達を助けない児童ポルノ法改正案には、断固反対します!

more...

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 00 : 00 | ギャラリー(CG) | トラックバック(0) | page top↑
児童ポルノ法改正問題請願の為の署名のお願い
2014 / 05 / 20 ( Tue )
只今、名も無き市民の会では、児童ポルノ法改正問題請願の為の署名を募集中です。

署名用紙はこちらのリンクから、右クリックや「別名で保存」で取得して下さい。

締切は5月上旬の予定、との事なので、できれば今の内の提出をお薦めします。

送り先を始め、詳細については「名も無き市民の会・児童ポルノ法改正問題請願」のページをご確認願います。

以上、よろしくお願いします。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 00 : 00 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(黄系統・その44)
2014 / 04 / 20 ( Sun )
山吹
やまぶき(山吹)
吉祥岩絵具(KI) 新日本画絵具”彩”006(HL)、他
やまぶきいろ(ー)
サクラクーピーペンシル#4(TL)、他
ヤマブキ(山吹)はバラ科ヤマブキ属の落葉低木です。
山でこの花が風に揺れている様子を表した「やまぶり(山振)」が名前の由来と言われています。
日本のほぼ全国の山地の明るい林の木陰などに群生します。
背丈は1m~2mで、明るい黄色の花を多数付ける為、春の季語になっています。
花は一重と八重がありますが、特に八重咲きが好まれ、多く栽培されています。
日本では古くから知られた花で、宮城県白石市や埼玉県川越市等で市の花に指定されています。
なお日本の伝統色で赤寄りの黄色は、この色だけと言っても過言ではありません。

淡口山吹
うすくちやまぶき(淡口山吹)
優彩328(HL)
濃口山吹
こいくちやまぶき(濃口山吹)
優彩322~324(HL)
淡口11番と濃口9~13番で1セット。
この色名は画材の世界でも日本画の画材を中心に、和名を採用するほとんどのメーカーで採用されています。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

17 : 58 : 59 | 画材の色名事典(黄系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(緑系統・その80)
2014 / 04 / 17 ( Thu )
VERT COMPOSE CLAIR
ベールコンポーゼ(VERT COMPOSE)
クサカベ油絵具090 ミノー油絵具090(以上、KB)
VERT COMPOSE
Haruzoアーチスト油絵具524(HZ)
ベールコンポーゼ(Vert composé)はコンポーズグリーン(CONPOSE GREEN)
のフランス語読み。
コンポーズグリーン同様、色群を持たない場合は前者の様に不透明で明るい緑が多いのですが、色群がある場合、後者の様に半透明の濃い色になる場合があります。
多くの場合PG18ベースに、メーカーによって様々な黄色顔料や白色顔料が使用されています。
近年安全なPY42やPY81に切り替えられつつありますが、現在も有害なPY40やPY35を用いているメーカーもあるので注意。

VERT COMPOSE CLAIR
ベールコンポーゼクレール(VERT COMPOSE CLAIR)
Haruzoアーチスト油絵具523(HZ)
クレール(clair)はフランス語で「明るい」の意味。
英語のライト(light)に相当します。
ベールコンポーゼの中でも明るい色、の意味ですが、同製品のペールと明度差はあまり無い代り、幾分青味寄りです。
但し、カドミウム系(PY35)が入っているので取り扱いに注意。

VERT COMPOSE PALE
ベールコンポーゼペール(VERT COMPOSE PALE)
Haruzoアーチスト油絵具522(HZ)
ペール(palé)は英字のペール(pale)と読み方も意味もほぼ同じですが、表記が一部異なります。
Haruzo絵具の場合、クレールと明度にあまり差はないのですが、PG19が含まれない分、やや黄味寄りです。
一方で、PY35はやはり含まれているので、取り扱いに注意。

VERT COMPOSE No.1
ベールコンポーゼNo.1(VERT COMPOSE No.1)
マツダ油絵具A-33 スーパー油絵具S-1808(以上、MT)
VERT COMPOSE No.2
ベールコンポーゼNo.2(VERT COMPOSE No.2)
マツダ油絵具A-34 スーパー油絵具S-1809(以上、MT)
マツダ絵具の場合は、半透明でやや濃いNo.1と。No.1にPW4を混ぜて明るくした不透明色のNo.2の二種類があります。
PG18とPY40を使用しているので堅牢度は申し分ないのですが、その内PY40が有害なので取り扱いに注意。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 44 : 06 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(緑系統・その79)
2014 / 04 / 13 ( Sun )
COMPOSE GREEN
コンポーズグリーン(COMPOSE GREEN)
ホルベイン透明水彩絵具W071(HL)
COMPOSE GREEN2
ホルベイン油絵具H084 アクリリックカラーAU068(以上、HL)
コンポーズ(compose)は、組み立てる、調整する、等の意味。
転じて画材では、複数の顔料を調色する、の意味になりました。
しかし個人で混色して作る事ができる事等から、近年透明水彩絵具を中心にリニューアルの際廃色にしたり色群を小規模にするメーカーも出て来ています。
なお、ホルベイン社の場合、画材によって使用顔料(前者はPG7、PW6にPY3、後者はPG7とPW6)が異なります。

COMPOSE GREEN No.1
コンポーズグリーンNo.1(COMPOSE GREEN No.1)
アーチストオイルパステルU558(HL)
COMPOSE GREEN No.2
コンポーズグリーンNo.2(COMPOSE GREEN No.2)
アーチストオイルパステルU559(HL)
COMPOSE GREEN No.3
コンポーズグリーンNo.3(COMPOSE GREEN No.3)
アーチストオイルパステルU560(HL)
COMPOSE GREEN No.4
コンポーズグリーンNo.4(COMPOSE GREEN No.4)
アーチストオイルパステルU561(HL)
オイルパステル等、混色が難しい画材では現在も大きい色群が存在します。
なお、数字が若い程色が明るいケースが多いです。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 16 : 43 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(緑系統・その78)
2014 / 04 / 13 ( Sun )
MOSS
モス(MOSS)
コピックスケッチYG67(TO)
モス(moss)はコケ(苔)の英名。
但し、古代の英語では沼の意味もあったそうです。
そのコケ(苔)は広義では苔類やツノゴケ類等のコケ植物に加え、地衣類やシダ植物等も含みます。
厳密には植物ではないのですが、母性愛、信頼、孤独、物思い、と言った花言葉が存在します。
また活用範囲も広く、種類によって食用や薬用(止血剤)、更に梱包材や脱脂綿の代用としても用いられます。
色名はそのコケの色をイメージしていますが、後述のモスグリーンに比べると少数派です。

PALE MOSS
ペールモス(PALE MOSS)
コピックスケッチYG61(TO)
平たく訳せば淡い苔色、の意味。

LIGHT MOSS
ライトモス(LIGHT MOSS)
アーチストカラー5120(DW)
同じく明るい苔色、の意味。
メーカーが異なるせいもありますが、先述のペールモスより明るい色をしています。

MOSS GREEN
モスグリーン(MOSS GREEN)
ネオピコ2 424(SE)、他多数
MOSS GREEN2
Dr. マーチンラディアント24B(BN)、他多数
コケ(苔)の様な緑色、の意味。
英語のことわざに"A Rolling Stone gathers No Moss"があります。
訳すと「転石苔むさず」、つまり、「コケは転がっている岩石(や耕されている地面)には生えない」の意味になります。
国によって解釈が異なる様で、主にイギリスでは「腰を落ち着けて一つの事に専念しないと成果は上がらない」と否定的に使われるのに対し、アメリカでは「行動し続ける人は老け込まない」と肯定的な意味で使われます。
コケと言っても様々な色があるためか、画材の色名としてはこちらの方が主流ですが、それでもやはりメーカーによって色合いに差があります。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 09 : 12 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
プチ里帰り〜2014春(後編)
2014 / 03 / 30 ( Sun )
(前半からの続きです)

甲子園球場を出た私は、いつもの通り歩いて甲子園浜に行きました。
浜甲子園に住んでいた頃は、暇な時はよく訪れて、色々と空想を膨らませたものです。
この日は春休みでしたが平日だったので、人はあまり多くありませんでした。
(土日になると、スコップやバケツを持った親子連れが多く訪れます)

甲子園浜にて(その1)
浜には、そろそろ北方へ渡る水鳥達が集結していました。
彼等が飛び立った後、留鳥や漂鳥の産卵のシーズンが始まる為、一部入場規制がかかります。

野鳥分布図
鳴尾浜公園へ向かう階段やスロープを降りると、甲子園浜に訪れる野鳥のデータが分りやすく掲示されています。
中には随分遠方から訪れる鳥もいますね。
なお、鳴尾浜公園は親子連れで賑わっていました。

なお、甲子園浜には唐突にレール等の部分が残っている所があります。
甲子園浜にて(その2)
これは第二次世界大戦前、この一帯に阪神パークがあった名残です。
かつて甲子園八番町に存在した阪神パークもかなり広大でしたが、当時のそれは遥かに上回る規模で、付近に競馬場や大型浴場もあったと言う、今で言う所の巨大テーマパークだった様です。
実に、創作意欲をそそりますね。

以上、時間の関係で行く所が限られてしまいますが、今度(今年の夏)辺り、阪神パーク跡に建てられたららぽーと甲子園に入ってみようかと思います。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 33 : 57 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ