当ブログについて(固定)
2037 / 01 / 01 ( Thu )
コンテスト落選記念にアップしました。
一応、フルデジタルです。
番メディー

当ブログは、2004年11月に同名サイトの1コーナーとしてスタートしました。
当初はマンガ・イラスト中心のブログになる予定でしたが、近年は色名事典・プチグルメ(主に変わったドリンク、スイーツの感想)・果ては音楽動画まで様々な事に手を出してしまい、自分でも混乱する位でした。
気まぐれな性格なので、これからも基本スタンスはほとんど変わりませんが、芸術系ブログである事を忘れない事、そして、一度手を出した物事はきちんと一つの形に仕上げる事を心に決めました。
この固定記事は、当ブログの性格を明確にすべく授けた所謂トップです。
これからもここにイラストや自分で撮った写真を更新しますので、どうぞよろしくお願いします。

当ブログに関するお願い。
※1)様々な事に手を出してますので、あらかじめ各カテゴリーをクリックされる事をお勧めします。
※2)当ブログはリンクフリーです。リンクはトップページにお願いします。但し基本的に相互リンクは行っておりません。
※3)現在、管理人が作成したマンガやイラストの多くは投稿サイトにアップさせて戴いてますが、当ブログの方にアップしている作品の内、一部女性向けや萌え的表現の作品が含まれている場合がございますので、苦手な方はご容赦願います。
※4)当ブログの全ての画像を無断で転載する事を禁止します。
※5)なお、私は一連の法の力による表現規制には断固反対しています。
何故なら表現規制派は実際の被害者が出ないマンガやアニメを、それも表向きは「エロ作品だけ」と言いながら、実際には一般向けの作品も含め全部を規制しようとしているから。
一度これを通してしまうと、他のコンテンツ(小説・音楽・お笑い等)も次々規制対象になる恐れがあります。
なお私の絵の場合、エロはほとんどないものの、ギャグが暴力で引っ掛かる可能性大です。 また、好きな作品や歌手・芸人等を描く事も多く、これも「二次創作」の視点から心配しています。

更に、児童ポルノ法改正案で取りざたされている「単純所持の禁止」も、悪用も含めた新たな冤罪を生み出す危険性が非常に高いです。

当ブログの管理人・広瀬みつこは、マンガやアニメ等の文化を潰すだけでなく、家族の思い出や成長記録(写真や動画です)にも言いがかりを付け、冤罪や犯罪利用を生み出す一方で、肝心の虐待されている子供達を助けない児童ポルノ法改正案には、断固反対します!

なお、この度「エンターテイメント表現の自由の会」(AFEE エーフィー)提供のブログパーツを貼らせて戴きました。
AFEEの最新情報はブログハーツからどうぞ。

最後に、AFE48(チームF)のえん太をどうぞごひいきに(笑)。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 00 : 00 | ギャラリー(CG) | トラックバック(0) | page top↑
【重要】サポーター募集
2016 / 08 / 24 ( Wed )
国会議員として、AFEE顧問として表現の自由のみならず、実在の子供達を救ったり守ったりするべく尽力して下さっている山田太郎議員が、
この度「表現の自由を守る党」を結党されました!
山田議員は今年7月任期満了でして、今後の活動の為にはみんなの力で再選させる必要があります。

つきましては、現在「表現の自由を守る党」サポーター登録をお願いします。
ちなみに私も2016年2月17日に登録しています。

詳細はこちら まで、どうぞ、よろしくお願いします。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

17 : 18 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
仕立て屋ムッシュ・高橋のデザインノート〜高橋真琴の原画展
2016 / 05 / 14 ( Sat )
5月12日、母と共に高橋真琴の原画展に行きました。 平日の午前中だった為、まだ余裕を持って回る事ができました。


今回は昨年11月に行った前回の個展に比べ、全体的にサイズは小さめでしたが点数はかなり増えており、来歴やメイキングなども展示されていました。

今回新たに知ったのが、先生が8月27日生まれの乙女座だと言う事。
そう言えば、時折作品に乙女座のマークが混じっています。
次に、高橋先生が自身の事を『仕立て屋』だと自認している事。
一連の作品は『ムッシュ・高橋』のデザインノートでもあるのですね。
そして何より驚いたのが、ほとんどの作品でバロンケントが使われていた事。
バロンケントも多くのケント紙同様、透明水彩は馴染みにくい事で知られていますが、表面がタフな事を生かして適度にぼかせる方法を工夫し、その緻密な線画の書き込みを可能にしたのです。
メイキングで瞳に星を入れる前(但し、ハイエストライトは塗り残してあります)の行程が映されましたが、ここで入れる星を最低限にしたら、もっと現代風になるかなと思った反面、あのいつもの星が無ければ高橋先生の絵にならない、とも思いました。

作品は様々なカテゴリーに分けて展示されていましたが、80年代前半に作品が減り、それを境に作風がかなり変わります。
70年代までは女の子達は当時の流行のファッションに身を包み、時に挑発的な笑顔を見せていたのが、90年代以降はプリンセスの装束やオーソドックスなファッションを上品に着こなし、癒し系の穏やかな笑みを見せる様になったのです。
ガーリー系やロリータ系の大御所として新たなファンを増やした今、その絵柄は現役作家のそれとして進化し続けています。

展示会は17日まで。
実は明日15日は、何と高橋先生のサイン会が行われます!
でも、先生の作品をじっくり見たいと言う皆さんには、最終2日がおススメです。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 38 : 00 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(青系統・その81)
2016 / 05 / 09 ( Mon )
BLUEBERRY2
ブルーベリー(BLUEBERRY)
ジェラート®213(FC)
紫系統でも登場したブルーベリー (Blueberry)はツツジ科スノキ属の落葉低木果樹。
南米に自生していた原種が北上し、北米で進化。
樹高は栽培種の多くは1.5~3mになりますが、野生種に近い品種は50~60cm程度です。
春にツツジによく似た白い花を咲かせ、夏場に小さな果実を付け、秋には紅葉します。
現在の栽培種はノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、ラビットアイ系の3系統に大別されます。
ノーザンハイブッシュ系は北米の野生種に近く、冷涼な気候を好みます。
サザンハイブッシュ系はノーザンハイブッシュ系を温暖な気候向けに改良した品種です。
これらは性質が近く、果実は甘味と酸味のバランスが良いため生食向きです。
一方、温暖な地域を好むラビットアイ系は、総じて酸味が強いものの収穫量が多く、ジュースやジャム等に加工するには最適です。
粉を吹いた果実が光線の当たり具合によって本当に青く輝いて見えるのが名前の由来で、欧米では濃い青〜藍色を連想させる様です。

BOYSENBERRY
ボイセンベリー(BOYSENBERRY)
ジェラート®214(FC)
ボイセンベリー(Boysenberry)は、ヨーロッパキイチゴ、ブラックベリー(もしくはデューベリー)、そしてローガンベリーが自然交配して生まれた果物。
果実は深いマルーン色の大型 (8.0 g) の複合果で、それぞれの中に大きな種が入っています。
かつてカリフォルニア州北部の農場でルドルフ・ボイセン(Rudolph Boysen) が栽培していましたが、その後消息不明になってしまいます。
1920年代末、アメリカ農務省のジョージ・M・ダロウ (George M. Darrow) と、カリフォルニア南部の農場主ウォルター・ナット (Walter Knott)が、幻の果実の追跡を開始しました。
二人はボイセンが数年前に廃業し、農場も売りに出された事を知りますが、諦めずに農場に赴き、僅かに生き残ったつるを発見しました。
つるはナットの農場で生育され、商業栽培できるまでになりました。
1932年、ナットが自分の農場でこの果実を売り出すと大評判になり、所有していた小さなレストランやパイ屋も繁盛する様になりました。
これが現在のナッツベリーファームです。
北米や欧州ではメジャーな果実で、生食もできますが、ジュースやジャム等に加工されるのが主流です。
更に近年、アントシアニンや葉酸等を多く含む事が判明、健康果実として新たな注目を集めています。
現在、世界最大の産出国はニュージーランドで、日本でも滋賀県を始め、群馬県、広島県、香川県など気候が温暖で比較的湿気の少ない所で栽培されています。
中でも滋賀県高島市安曇川町では、産地をもじってアドベリーと名付けられています。
そのボイセンベリーの果実の色をイメージした、ジェラート®の青系統の色の中で最も濃い紺色です。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング  
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 54 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(青系統・その80)
2016 / 05 / 08 ( Sun )
AQUA DOLCE
アクアドルチェ(AQUA DOLCE)
ジェラート®225(FC)
アクアドルチェ(aqua dolce)は、「真水」、(特に飲料用の)「軟水」の事。
同じ真水でもミネラル分の少ない軟水は洗濯や染色に向き、飲み水としても口当たりが良く、飲みやすい事で知られています。
当然ながら本来は無色透明ですが、ここでは快晴の青空の色が映り込んだ湖水の色をイメージした、明るく鮮やかな水色で表現しています。

COTTON CANDY
コットンキャンディ(COTTON CANDY)
ジェラート®212(FC)
ピンク系統でも登場したコットンキャンディ(cotton candy)は、綿菓子(綿あめ)の英名。
最近は国内外で色やフレーバーが付いた綿菓子が多く見られます。
色付きの場合、飴(ハードキャンディ)を綿菓子の機械に入れる場合と、色や香りを付けたざらめを使用する場合とがあります。
この様な鮮やかな空色の場合、日本では白い綿菓子と同じざらめ味か、ソーダ(ラムネ)味 になります。

SNOW CONE
スノーコーン(SNOW CONE)
ジェラート®232(FC)
スノーコーン(snow cone)はかき氷の英名。
この場合(北米版)のかき氷は、円錐状の紙の器(=cone) に粗目に削った氷を詰め、上部は球状に押し固め、白地が残らない様に単色、もしくは2、3色のシロップをかけます。
スノーコーン用のシロップの中でこの濃い水色は、日本の場合ブルーハワイかソーダ味になりますが、北米ではラズベリー味になるそうです。
但し、何故青いシロップがラズベリー味になったのかは不明です。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 00 : 00 | 画材の色名事典(青系統) | トラックバック(0) | page top↑
よりぬき長谷川町子展
2016 / 05 / 04 ( Wed )
3日、スケジュールが空いた母と共に「よりぬき長谷川町子展」に行ってきました。
この日はGWで一応多くの観客が来ていましたが、大混雑とまではいかず、余裕を持って回る事ができました。

「サザエさん」は今年生誕70年。
当時は「若い女性が描いた、若い女性が主人公の日常漫画」と言うコンセプトだったそう。
特にサザエが(髪型はそのままに)その時代の流行のファッションに身を包むのも、そのためだったのかも知れません。
更に展示された原画を辿っただけでも、回を重ねるごとに線画や演出が洗練され、サザエ以外のキャラも垢抜けていくのが分かります。
特にワカメの精神的な成長と、タマが実は飼い猫では無い事には驚きでした。

14歳で田河水泡先生に弟子入りした長谷川先生でしたが、戦時中はやはり慰問団など限られたテーマで描く事を余儀なくされました。
しかし、その絵には兵隊さんや慰問団に対する心からのねぎらいや、日常を少しでも快適にしようとの願いが感じられました。
また、この間に基本的な画力を培ったのでしょう、マンガ絵のデフォルメに隠された高度なデッサン力に目を見張ります。

他にも、「いじわるばあさん」や「エプロンおばさん」と言ったヒット作や、長谷川町子美術館誕生秘話などの原画に、しりあがり寿先生によるオマージュのメイキングなど、実に充実した展覧会でした。

最後に母は、友人のお土産にと、「いじわるばあさん」の梅飴を買っていました。

なお、「よりぬき長谷川町子展」は、美術館「えき」KYOUTOでは5月22日までですが、その後巡回します。
今後のスケジュールはこちらで確認願います。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 26 : 00 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
偉大なる"br"〜投稿ページ関連・その2
2016 / 05 / 03 ( Tue )
前回、「新しい投稿ページになったのを機会に、過去記事を編集すると形が崩れる」と言う問題をアップしましたが、お知らせのコメントに解決策がありました。

少々手間がかかるものの、<div>タグを<br>タグに換える事で、前のスタイルにほぼ戻す事ができます。
当ブログの過去記事でおかしくなっていた所も修正できました。

これで、過去記事の編集も何とかなりそうですが、明らかに新しい色名に関しては、できるだけ新しい記事に上げていこうと思います。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

01 : 07 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ