当ブログについて(固定)
2037 / 01 / 01 ( Thu )
今回のトップは、システム不具合でpixivに投稿できなくなったアイドルピクシブたん!
しかし、ブログにイラストアップは久しぶりダワ。
アイドルピクシブたん

当ブログは、2004年11月に同名サイトの1コーナーとしてスタートしました。
当初はマンガ・イラスト中心のブログになる予定でしたが、近年は色名事典・プチグルメ(主に変わったドリンク、スイーツの感想)・果ては音楽動画まで様々な事に手を出してしまい、自分でも混乱する位でした。

気まぐれな性格なので、これからも基本スタンスはほとんど変わりませんが、芸術系ブログである事を忘れない様にしたいです。
そして、一度手を出したものは、きちんと一つの形に仕上げたいと思います。


その心構えとして、看板と言える固定記事を授けました。
当ブログの性格を、明確にしたかったからです。
これは様子を見て、イラスト、もしくは自分で撮った写真を更新する予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。

当ブログに関するお願い。

※1)様々な事に手を出してますので、あらかじめ各カテゴリーをクリックされる事をお勧めします。

※2)当ブログはリンクフリーです。リンクはトップページにお願いします。但し基本的に相互リンクは行っておりません。

※3)現在、管理人が作成したマンガやイラストの多くは投稿サイトにアップさせて戴いてますが、当ブログの方にアップしている作品の内、一部女性向けや萌え的表現の作品が含まれている場合がございますので、苦手な方はご容赦願います。

※4) 当ブログの全ての画像を無断で転載する事を禁止します。

※5) なお、私は一連の法の力による表現規制には断固反対しています。
何故なら表現規制派は、実際の被害者が出ないマンガやアニメを、それも、表向きは「エロ作品だけ」と言いながら、実際には一般向けの作品も含め全部を規制しようとしているからです。
一度これを通してしまうと、他のコンテンツ(小説・音楽・お笑い等)も次々規制対象になる恐れがあります。
なお私の絵にほとんどエロは含まれませんが、ギャグ作品が多く、これが暴力で引っ掛かる可能性は大です。
更に、児童ポルノ法改正案で取りざたされている「単純所持の禁止」が、悪用も含めた新たな冤罪を生み出す事に強い危機感を覚えています。


この度、「エンターテイメント表現の自由の会」(AFEE エーフィー)提供のブログパーツを貼らせて戴きました。
AFEEの最新情報はこちらからどうぞ。


当ブログの管理人・セタミツコは、マンガやアニメ等の文化を潰すだけでなく、家族の思い出や成長記録(写真や動画です)にも言いがかりを付け、冤罪や犯罪利用を生み出す一方で、肝心の虐待されている子供達を助けない児童ポルノ法改正案には、断固反対します!

more...

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 00 : 00 | ギャラリー(CG) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(緑系統・その89)
2014 / 10 / 28 ( Tue )
CORAL SEA
コーラルシー(CORAL SEA)
コピックスケッチBG23 コミックマーカーCM27(以上、TO)
コーラルシー(Coral Sea)は一見和製英語の様ですが、実は日本語でコーラル海(サンゴ海とも)と表記する、れっきとした地名です。
オーストラリア北東部への入江で、ソロモン諸島等に囲まれた南太平洋の一部を指します。
但し、正式にはThe〜を冠します。
そのコーラル海をイメージした、明るく澄んだ青緑です。
なお、コピックスケッチとコミックマーカーは基本的に色が合致しないのですが、これはその数少ない例外の一つです。

GOLDEN GREEN
ゴールデングリーン(GOLDEN GREEN)
ブロックス油絵具562(BX)
ゴールデン(golden)は金色の、黄金色の、山吹色の、等の意味。
この場合は普通色の黄金色、もとい山吹色が混ざった様な緑と解釈できます。
PY154とPG36を使用した、透明色で非常に明るく鮮やかな黄緑です。

TRAANSLUCENT GOLDEN GREEN
トランスルーセントゴールデングリーン(TRAANSLUCENT GOLDEN GREEN)
ムッシーニ天然樹脂油絵具534(SC)
ムッシーニのパンフレットによると、「黄金色でグレーズされたサップグリーンを彷彿とさせます」との事。
解説の通り、PY129とPG7を使用している為、そのままだと色合いはくすんだ黄緑色ですが、非常に透明度が高く、薄めると独特の美しいトーンを出します。

COBALT CHROMITE GREEN
コバルトクロマイトグリーン(COBALT CHROMITE GREEN)
アーチスト・オイルカラー183(WN)
色名は使用顔料(Cobalt Chromite Green ; PG26)に由来。
W&N社のパンフレットによると、本来のコバルトグリーンディープの使用顔料であるPG19が入手困難となった為、代替で使用される様になったそうです。
本来のコバルトグリーンディープより更に不透明で青味寄りになっただけでなく、絵具としての強度も上がっています。
なお、毒性に関しては明記されていませんが、やはりPG26を採用しているアクリリックカラー(HL)のキプロスグリーンに毒性表示が無い事から、安全性はひとまず問題無いと思われます。

COBALT TITANATE GREEN
コバルトチタネイトグリーン(COBALT TITANATE GREEN)
ゴールデンアクリリック57(GL)
色名は、使用顔料の英名に由来.。
色調は異なりますが、顔料番号はコバルトテールの真正品と同じPG50です。
ゴールデンアクリリックでは当初真正品を使用していましたが、現在では安全な顔料で代替しています。
ただ、同製品のコバルトテールヒューと異なり、代替後も色名はそのままです。
4種類の顔料を使用している為、他の色との混色は避けた方がいいでしょう。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

14 : 11 : 51 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2014②〜京都画材まつり(その4)
2014 / 10 / 27 ( Mon )
同じホルベイングループのブースで、水彩紙の試し書き(もとい、落書き)も。

ストラスモアの作例
まずは、ストラスモアで描いた、オリキャラのありす。
我が家でも実際に使用しているだけあって、透明水彩の塗り心地は文句無しですが、細い線を引くのが少し辛いです。

ウォーターフォードの作例
こちらはウォーターフォードの作例。
青空を描いたはずが別人になってしまいました。
これのナチュラルはアクリラガッシュ使用時によく使いますが、ホワイトの発色の素直さが嬉しかったので、今後こちらに替えようかと思っています。

さて、連日の京都だったのでさすがにつかれましたが、二日とも感激する位好天でした。
私の場合、晴天だとモチベーションがどこへ行っても上がります。

結果、ガラケーで我ながら見事な写真が撮れました。

平安神宮付近の樹木

京都の風景

勿論、来年も行きます。


(この記事、了)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 14 : 51 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2014②〜京都画材まつり(その3)
2014 / 10 / 27 ( Mon )
しかし、企業ブースで最も気合いが入っていたのがホルベインファミリーです。

ドヤガエル
これは新DUOで描いたマイキャラのドヤガエル。
塗り心地はガッシュに近いですが、(油彩OK以外の)紙には描けません。

パンパステルのちよこ
これはサンプル用紙にパンパステルで描いたちよこ。
先に面を塗ってから線を描かないといけないので大変でした。

パンパステルの見本
・・・しかし、見事に使いこなした強者が!!
実はホルベイン画材株式会社にパステル職人の女性社員さんがいて、毎年活躍されています。

アクリラフルイド
これはアクリリックカラーと姉妹品で新発売のフルイドで描いた無名の女の子。
やはり面から始めましたが、フルイドでの縁取りが上手くいきました。

購入したフルイド
で、購入したアクリリックカラーフルイドのセピア。
アクリラガッシュで描いた時の主線追加に使えそうです。
色は暖色系の黒と言った感じ。
上手くいけば、濃い色を中心に、もう数色増やしそうです。


(その4に続く)




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 46 : 22 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2014②〜京都画材まつり(その2)
2014 / 10 / 26 ( Sun )
それでは早速、気になった画材の紹介を。

指鉛筆
まずは、株式会社墨運堂の文具ライン"Pop Corn"のゆび鉛筆。
ゆび筆の姉妹品で、替芯も別売りしています。
指にはめて、好きな様に描きましょう。

ゴールデンメディウム
ターナー色彩株式会社のブースでは、ゴールデンアクリリックスの新しいメディウムが発表されていました。
手前のクラックルペーストは、ヒビ割れ効果の為のメディウムですが、ヌーベルクラッキングメディウムとは製品そのものも使用法も異なります。
不透明なペーストで、洗い流す必要はありません。
もう一つのファイバーペーストは、塗った所を水彩紙の様な質感に変えます。
他にはガラスビーズゲルとクリアグラニュラーゲルが追加されました。

漫画インク
アイシー株式会社からは、昨年デビューした「ICプレミアムブラック」を。
Type1(緑)は線画用。
ペン運びが良く、消しゴムをかけても薄くなりません。
Type2(えんじ)はベタ塗り用。
Type1より漆黒度が高く、ムラになりにくいです。
Type3(藍)はトーンのヘビーユーザー用。
トーンの上から描写しても弾きません。

カラーバー
株式会社フェリティは、ファーバーカステル社製品の日本での販売元です。
注目は、口紅の様な質感の「ジェラートカラーズ」。
そのまま描く他、水筆でのばす事もできます。
全28色、メタリック色もあります。
また、色名事典に追加すべき色がありました・・・。

セヌリエオイルパステル
松田油絵具株式会社のブースで見つけた、セヌリエオイルパステルのトランスペアレントブルー。
これも何だか、化粧品の様ですね。

リキテックスマーカー
あと、バニーコルアート株式会社では、リキテックススプレーとマーカー。
その中で、試し描きできるのはマーカーだけでした。
すぐインクが無くなりそうですが、匂いを気にせず、手を汚さず、リキテックスシリーズの製品を使用できるのが魅力です。



(その3に続く)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 58 : 33 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2014②〜京都画材まつり(その1)
2014 / 10 / 22 ( Wed )
去る19日、今年も京都画材まつりに行ってきました。
18日に続き快晴で、少し暑い位でした。

平安神宮2014
トップは例年通り平安神宮の鳥居。
青空とのコントラストが見事です。

モニュメント
これは同時開催している岡崎公園アートフェスティバル2014入口のオブジェ。
今年も大きく、凝っています。

イベント
これも恒例京都教育大学プロデュースのイベント。
今年は土版画の体験教室です。
粘土をこねて板状にし、模様を彫り込んで着色し版にする凸版画の一種で、親子連れに人気がありました。。


(その2に続く)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 49 : 45 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2014①〜ボストン美術館「華麗なるジャポニスム展」(後編)
2014 / 10 / 22 ( Wed )
(前編からの続き)

開国を機に日本に様々な文化が西洋から持ち込まれました。
美術でも油絵具や油絵の手法等が持ち込まれ、立体的で深みのある色調に変わっていきました。
しかしその代わりに、浮世絵等それまでの日本の美意識は「古臭い」とみなされ、見向きもされなくなってしまいました。

そんな日本の芸術を再評価したのは、日本に訪れた西洋人達でした。
西洋に流出した多くの浮世絵や工芸品は単に大事にされるだけでなく、数回の万国博覧会で公表されました。
結果、爆発的な日本ブームが発生、日本の作品に触れた芸術家達にも衝撃を与えました。
始めは普通の絵画に日本の着物や小物を散りばめた、上辺だけのジャポネズリー(日本趣味)が主流でしたが、新進の画家達は構図・配色・テーマと言った「日本的な要素」を貪欲に取り入れる様になりました。
結果、これが芸術運動(ジャポニスム)となり、旧態依然だった西洋絵画に改革を引き起こしたのです。

ジャポニスムがなけれは、構図は単調なままだったでしょう。
西洋絵画に俯瞰の作品は存在しなかったでしょう。
立体感はあっても、メリハリは無かったでしょう。
モデルの女性達もお人形の様にポーズを取っただけでしょう。
人気が出ずじまいのスポーツも出てしまったでしょう。
描かれる動物や植物も種類は少なかったかも知れません。

正直言って、日本の美術品や工芸品が西洋の美術にこんなに強く影響しているとは思いもよりませんでした。
過去に私が観に行った美術展の中でもトップクラスに入ると思います。
中でも「ラ・ジャポネーズ」は是非真ん中で見て下さい。
それには、できれば平日(月曜以外)の午前10時迄に入場する事をお薦めします。

京都では、2014年11月30日迄開催しています。




最後に、ジャポニスムに影響されたガラケー撮影の平安神宮を(笑)。

平安神宮


(この記事、了)






FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 09 : 54 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ