【重要】2020年東京五輪に於ける展示会場問題に関する署名協力のお願い
2020 / 10 / 10 ( Sat )
皆さんはビッグサイト問題をご存知でしょうか?
2019年度〜2020年度中盤、ビッグサイトが東京五輪のメディアセンターとなり、特に2020年4月〜10月の間は完全閉鎖される為、その期間本来ビッグサイトで開催されていたイベントや展示会が中止の恐れがあると言うもの。
(幕張も五輪用の施設になります)

そこで一般社団法人日本展示会協会様が、2017年2月から以下の通り署名を募っています。
(以下のバナーから特設サイトにお入り下さい)

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!

!)バナーから特設サイトに入り、署名の前に代表のメッセージ及び公式声明文を読んで下さい。
2)署名には署名用紙、オンラインがあり、更にそれぞれA〜Gまで用紙のタイプがあります。
  当ブログに来られる多くの方の場合(同人のサークル参加も含め)、Fタイプでいいと思われます。
3)署名用紙をプリントアウトする場合、用紙に記載された郵送先に送付して下さい。
4)今の所、〆切の報告は無い様です。
 (判明しましたら、当記事で発表します)

これは決してオタクや腐女子だけの問題ではありません。
実に多くの、そして様々なジャンルの企業・団体・個人が大打撃を受ける事になります。
地方の展示場はどこも大きさが不十分で、分散開催するにも奪い合いになります。
これはコミックマーケットやコミックシティ等、同人イベント以外のほとんどのイベントにも言える事なのです。

皆様のご協力をお願いいたします。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

15 : 05 : 47 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
関空にて〜2017年冬(その2)
2017 / 01 / 16 ( Mon )
(その1からの続き)

SCCを断念して9日に行った2回目は、月曜日だったせいか大成功でした!
秋頃から見たかった新鋭機に出会う事ができたんです!

HVN_359
これが悲願だったHVNのA359!
独特のフォルムをしています。
同時にこれは、HVNの最新塗装機でもあります。
お腹の色がアイボリーホワイトになり、かなり軽快な印象です。

KLM_789
それとこれがKLMの789!
去年の秋以降、運悪くなかなか見られなかったんです。

EVA_B773_NEW
あと、EVAは塗装の変更が進んでいる様で、これが新塗装の773。
ちなみに今回はっきりしたのですが、お腹の色は深緑です。

この所、関空に飛来する飛行機は第2滑走路に着陸し、第1滑走路から離陸する事が定着した様です。
帰りにエアロプラザに寄ると、次々に着陸する飛行機を見る事ができました。
第2ターミナルにも展望台ができたら面白いのに。


(了)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

20 : 12 : 55 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
関空にて〜2017年冬(その1)
2017 / 01 / 16 ( Mon )
2017年1月は、何と3日と9日に関西空港に行ってしまいました。
どちらも天候のせいであまり写真は撮れませんでしたが、収穫は多かったです。

まずは3日から。

SIA_A388_WT
SIAのA388は夏には何度か見ていますが、三が日は初めて。
期間限定とは言え、定着した様です。

EVA_A333_NEW
レギュラーの航空会社も油断できません。
新塗装の会社が増えてます。
これはEVAのA333.。
他にこの日はCPAの新塗装機も見ました。
その内リベンジします。

AIC_788
そして、この日の目玉が、AIC(エア・インディア)の788!
AICは伊丹時代から飛来しており、この機体も初めてではないのですか、こんなにはっきり見られるとは思いませんでした。
また、曇ってる方が却って機体がはっきり見えるのも発見でした。


(その2に続く)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 47 : 57 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
そうさく畑FINAL(後編)
2016 / 11 / 09 ( Wed )
(前編からの続き)
13:30から、特別トークライブが始まりました。
同人界に於いて錚々たるメンバーが揃いました。

武田氏がらみと言う事で、のっけからビール缶1本と、清酒が供されました。
そして、武田氏の過去の失敗談やら、紅一点・あすか氏(この人だけしらふでした)とのロマンスの有無等、17:30からも打ち上げがあるにも関わらず、完全に公開どんちゃん騒ぎと化していました。
そのせいで、イラストコンテストの審査にも影響が出てしまいました(笑)。

ただ、この中で重要なお話も聞けました。
なぜ、そうさく畑を一旦終了する事になったのか。
それは、武田氏が唯一無二の存在になってしまった事に加え、そうさく畑に不可欠な図書館システムやイラストコンテスト等が経済的に圧迫してしまった事が原因だった様なのです。
よって、このままのそうさく畑の復活は難しそうです。
しかし、酔った勢いとは言え赤桐氏が「そうさく畑が僕が継ぎます!」と宣言し、本多氏も「一年に一度、ケーキバトル等のイベントができたら」と提案して下さいました。

こうして一応終了したものの、そうさく畑は先述の通り何らかの形で復活すると思います。
私達のすべき事は、まずこの日の盛り上がりを覚えておく事、そして少しずつ創作を続ける事です。

詳しい模様はそうさく畑公式サイトtogetterでご覧になれます。
そうさく畑が、武田氏が、いかに愛されてきたかわかります。


(この記事 了)







FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

15 : 50 : 29 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
そうさく畑FINAL(前編)
2016 / 11 / 08 ( Tue )
そうさく畑
※これはチラシ用に応募して、パンフレットのカットに採用されたイラスト。
下が空いているのは、文字入れのスペースを考慮しての事です。

と言う訳で、去る6日「そうさく畑FINAL」に行きました。

同人経験はあるものの、ジャンルが芸能(お笑い)だった私は正式なサークル参加はした事がありませんが、浜甲子園にいた頃は何度かイラストコンテストに参加しました。
FINALの今回も、B3のイラストを携えてポートアイランドに向かいました。

市民広場駅に到着すると、参加者が想像をはるかに超える人数だった事にビックリしました。
コミックシティ等に比べると年代は高めですが(笑)、エプロン姿のスタッフはみんな元気で愛想が良かったです。
他にもコスプレがあったり、サークルを中心にお茶の提供があったり、寄せ書きのコーナーがあったりで大いに盛り上がっていました。
私もイラストコンテストの手続きを終え、会場を回る事にしました。

まず、そうさく畑の歴史を振り返るスペースに向かいました。
東京(一時期東京でも開催されていました)分も含め、これまでのパンフレットや、武田氏の遺品となった真っ赤なエプロンとヘルメット、そして生前の写真が並んでいました。
パンフレットの表紙はその時原画展を行う作家さんが受け持っていましたが、現在では大御所になった方も多くいました。
そして、武田氏は写真のほとんどでジョッキを持っていました(爆)。

続いて図書館へ向かいました。
一般参加者はここでサークルの見本誌を読んで、購入の目安にします。
見て回るだけでもかなりの時間を要しましたが、私も欲しい本が見つかりました。



(後編に続く)




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 09 : 43 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
京都アートめっせ2016(その6)
2016 / 10 / 27 ( Thu )
(その5からの続き)

午後は母娘して、ヒューマンアカデミーの体験ブースに居座ってしまいました。
キャラクターデザイン体験と称して、無地並び淡いグレーで素体が描かれたB4の用紙に、指名された二つのお題を入れてハロウィンのキャラクターを描けと言うもの。
母は「難しい」と言い、鉛筆もなかなか進んでいませんでしたが、スタッフ役の女子学生さん達に慕われ、彼女達との会話は楽しく弾んでいました。

一方、「ツンデレ」と「ミイラ」のお題を引き当てた私は、別の学生さんのアドバイスを受けながら絵に没頭した結果、今イチ私らしくない絵を完成させていました。
(これです↓)
ツンデレミイラ

今回は私も写生会に参加したからか、いつも以上に充実した様に感じられました。
芸術の秋に合わせ創作意欲をかき立たせるイベントなので、来年もまた行く予定です。


(この記事・了)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 01 : 11 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
京都アートめっせ2016(その5)
2016 / 10 / 26 ( Wed )
(その4からの続き)

2日目は母が同行しました。
私も初めて参加した、京都写生会の優秀作品展示会があるからです。
入選した作品はすぐ分かる様になっていました。
選ばれた作品は、どれも納得の完成度でした。
入賞作品の中には、キリンの模様を白のクレヨンで描いて、上から茶色の絵具を被せると言う、懐かしくも凝った技法を用いた作品もありました。
これ以外もキリンをモチーフにした作品は上出来で、個人的には「キリンにハズレなし」だと思いました。
展示された作品を母と一緒に見て廻りましたが、前日落選が決まっていた事もあって、正直恥ずかしかったです。

しばらくするとスタッフが私達に声をかけて来ました。
京都写生会の授賞式への参加依頼です。
隣に座っていた子が次々と表彰台に呼ばれていたのにビックリしました。
ちなみに一般部門も受賞したのは、美大生でした。
思うにこの写生会のコンセプトは、「(主に)子供達に絵を描く事の楽しさを伝える」事と思われます。

ちなみに私が描いたのが、テンジクネズミです。
京都写生会2016
ウサギより一回り〜二回り小さく、様々な毛色をしています。
可愛いですが、落着きがないので大変でした。


(その6に続く)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

20 : 13 : 12 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ