画材の色名事典(特殊色系統~ラメカラー・その2)
2016 / 06 / 05 ( Sun )
その1からの続きです。

LAMÈ PURPLE PERIDOT
ラメパープルペリドット(LAMÈ PURPLE PERIDOT)
アクリルガッシュ227(TL)

宝石の一種であるペリドット(peridot)の様な紫色・・・とありますが、いくら調べても橄欖石とも呼ばれる宝石のペリドットに黄緑〜明るいオリーブ以外の色はありません。
本当は、紫色の宝石の代表アメジスト(amethyst)を名乗らせるべきだったと思います。
なお、地色を黒や紫系統の濃色にするとゴージャスながら上品な煌めきを、真っ白にするとソフトな煌めきとクリアな発色を楽しめます。

LAMÈ LIME EMERALD
ラメライムエメラルド(LAMÈ LIME EMERALD)
アクリルガッシュ228(TL)
エメラルドの様な煌めきを持つライム色とありますが、この綺麗な黄緑色こそ、ペリドットを名乗るにふさわしいと思います。

LAMÈ ORANGE CRYSTAL
ラメオレンジクリスタル(LAMÈ ORANGE CRYSTAL)
アクリルガッシュ229(TL)

水晶(石英)には様々な色がありますが、この場合はタンジェリンクォーツ(tangerine quartz)の色を指します。
本当に淡く綺麗なオレンジ色の正体は、水晶にコーティングされ酸化した鉄分。
下に濃色を塗ると煌めきが増しますが、真っ白にするとタンジェリンクォーツを思わせる綺麗な色調を生かせます。

LAMÈ MARINE SAPPHIRE
ラメマリンサファイア(LAMÈ MARINE SAPPHIRE)
アクリルガッシュ230(TL)
サファイアの様な煌めきを持つウルトラマリン、意味。
その1で登場したラメブルーダイアモンドより濃く、やや紫がかった色で、下地が黒や濃色だとゴージャスで深い煌めきを、白地だとソフトな煌めきと爽やかな発色を楽しめます。

LAMÈ BLACK DIAMOND
ラメブラックダイアモンド(LAMÈ BLACK DIAMOND)
アクリルガッシュ231(TL)
その煌めきがブラックダイヤモンドを思わせる、ラメ色の黒。
ブラックダイヤモンドは合成ダイヤモンドの一種で、無色のダイヤモンドよりも安価ですが、パワーストーンとしては強烈な能力を持つとされ、重要視されています。
この色の魅力を引き出すには下地に黒を塗る事が必須。
特にジェットブラックがおススメです。

LAMÈ GOLD
ラメゴールド(LAMÈ GOLD)
アクリルガッシュ232 布えのぐ232(以上、TL)
色名の通り、ラメ色の金色。
同製品の他の金色に比べ、ラメの粒子が粗く、輝きが豪華です。
ただ、そのままや白地では透け感が高いので、黒や暖色系の濃色を塗るといいでしょう。
また、イエローオーカーやマスタード等を下に塗ると金色らしくなります。

LAMÈ SILVER
ラメシルバー(LAMÈ SILVER)
アクリルガッシュ233 布えのぐ233(以上、TL)
色名の通り、ラメ色の銀色。
ラメゴールド同様ラメの粒子が粗く、輝きが豪華です。
やはりそのままや白地では透け感が高いので、黒や寒色系の濃色を塗るといいでしょう。
また、グレーとも相性が良く、藍鼠や鉛色を下に塗るといぶし銀に近い風合いになります。



 FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 57 : 00 | 画材の色名事典(特殊色系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(特殊色系統~ラメカラー・その1)
2016 / 06 / 03 ( Fri )
ラメ(lamé)は、元々フランス語で刃や箔等の意味。
転じて、金糸・銀糸や金属箔を施した糸、そしてそれらの糸を織り込んだ光沢のある織物を指します。
塗装の世界でも、雲母等を塗ってキラキラ光るようにしたものの内、表面の粒子が粗目でキラキラした光沢の場合もラメ塗装と言います。
いずれも光線の当たる角度によって、発色や煌めきが変化するのが特徴です。
ターナーアクリルガッシュのラメカラーシリーズや布えのぐのラメカラーシリーズは、このラメ塗装の煌めきをアクリル絵具で再現。
様々な素材で安全にラメの質感を楽しめますが、他の金属色同様(シルクスクリーンも含め)印刷には不向きで、webでも再現が難しいのが難点。
黒等濃い色地に塗ると煌めきが際立ちますが、色によっては白地に塗った方が元々の明るくポップな色調を生かせます。
その場合、地色がくすみ気味の場合はジェッソ等を塗るといいでしょう。
当事典でも、色見本の右半分は黒地に塗ったイメージにしています。

LAME CLEAR OPAL
ラメクリアオパール(LAMÈ CLEAR OPAL)
アクリルガッシュ221(TL)
ラメカラーシリーズの透明色(=clear)の中でもイエローベースの輝きを持つ色。
白地に塗った時の煌めき具合が、乳白色の(プレシャス)オパールのそれを思わせます。

LAME CLEAR DIAMOND
ラメクリアダイアモンド(LAMÈ CLEAR DIAMOND)
アクリルガッシュ222(TL)
ラメダイアモンド(LAMÈ CLEAR DIAMOND)
布えのぐ222(TL)
黒地に塗った時の色調や煌めきが無色透明のダイヤモンドのそれを連想させます。
同じラメカラーシリーズの透明色(=clear)の中でもこちらはややブルーベースの輝きを持ちます。

LAME YELLOW OPAL
ラメイエローオパール(LAMÈ YELLOW OPAL)
アクリルガッシュ223(TL)
ラメイエロー(LAMÈ YELLOW)
布えのぐ223(TL)
ラメカラーにおける黄色。
実はオパールには様々な色があり、近い煌めきを持つ黄色いオパールが選ばれた様です。
濃色の地に塗ると煌めきが増しますが、白地に塗っても元の色も相まって明るく軽快な仕上がりになります。

LAME GREEN EMERALD
ラメグリーンエメラルド(LAMÈ GREEN EMERALD)
アクリルガッシュ224(TL)

ラメカラーシリーズの緑色で、そのやや青みがかった色が宝石のエメラルドを連想させます。
黒地だと深みのある色調が出せますが、白地でも明るく爽やかな輝きが楽しめます。

LAME PINK CORAL
ラメピンクコーラル(LAMÈ PINK CORAL)
アクリルガッシュ225(TL)
ラメピンク(LAMÈ PINK)
布えのぐ225(TL)
ラメカラーシリーズのピンク色。
アクリルガッシュの場合、ピンク色の宝石と言う事で(桃色)珊瑚(=coraL)のイメージを持たせています。
黒等を下塗りすると煌めきが増しますが、白地だと優しく愛らしい煌めきを放ちます。

LAME BLUE DIAMOND
ラメブルーダイアモンド(LAMÈ BLUE DIAMOND)
アクリルガッシュ226(TL)
ラメブルー(LAMÈ BLUE DIAMOND)
布えのぐ226(TL)
ラメカラーにおける基本の青で、その煌めきがブルーダイヤモンド(ダイアモンド)を連想させる、明るく鮮やかな水色。
天然のカラーダイヤモンドは希少で無色透明のダイヤモンドより高価ですが、中でもブルーはピンクに次に高価とされています。
黒地に塗ると輝きが増しますが、白地に塗ると本来の優しい色と煌めきが生かせます。

(その2に続く)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

01 : 07 : 00 | 画材の色名事典(特殊色系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(特殊色系統~ダイナカラー)
2013 / 10 / 17 ( Thu )
ダイナカラーは、ペベオ社の習作・大作用製品に近年登場したシリーズです。
ちなみにこの場合のダイナ(Dyna)は、「動的の」「活動力を生じる」等を意味するダイナミック(dynamic)や、発電機を意味するダイナモ(dynamo)等を掛け合わせ、略してあるものと思われます。
ペベオ社のパンレットに顔料番号は不記載されていませんが、光線の反射によって真珠光沢と共に色が変化するのが特徴です。

ただ、残念ながらペベオ社が画材部門から撤退した為、これらのシリーズも姿を消しました。

IRIDESCENT ORANGE YELLOW
イリデセントオレンジイエロー(IRIDESCENT ORANGE YELLOW)
XL習作用油絵具353 ステューディオアクリリック353(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)でオレンジから黄色に輝く色。
もしくは、オレンジメインで黄色の光沢を持つ色、と思われます。
ダイナカラーの中でも明るく暖かみのある色です。

IRIDESCENT RED BLUE
イリデセントレッドブルー(IRIDESCENT RED BLUE)
XL習作用油絵具354 ステューディオアクリリック354、他(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)で赤から青に輝く色。
2色の色相が離れているので、ダイナカラーの中でも華やかでダイナミックに色が変化します。
ただ、赤の中に青の光沢、と言う事で、青の部分が(赤)紫に見えるかも知れません。

IRIDESCENT BLUE GREEN
イリデセントブルーグリーン(IRIDESCENT BLUE GREEN)
XL習作用油絵具357 ステューディオガッシュ357、他(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)で青から緑に輝く色。
なお、決して青緑ではありません。
青(水色)が基準で、緑の光沢が入っているのです。
鮮やかで明るい中に若干深みを感じさせる色です。
ダイナシリーズの中でもポピュラーな色です。

IRIDESCENT GREEN BLUE
イリデセントグリーンブルー(IRIDESCENT BLUE GREEN)
XL習作用油絵具358 ステューディオアクリリック358(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)で青から緑に輝く色。
なお、ブルーグリーンからの続きで、他の色にも言えるのですが、2色はあくまで別々(基本色と光沢色)であって、1色の中間色ではありません。
だから、英語表記でも仏語表記でも色の順番が同じなのです。
なお、先述のブルーグリーンと色の組み合わせは同じですが、こちらの方が全体に色が濃いめです。

IRIDESCENT GREEN YELLOW
イリデセントグリーンイエロー(IRIDESCENT GREEN YELLOW)
XL習作用油絵具359 ステューディオアクリリック359、他(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)で緑から黄色に輝く色。
元の緑もほとんど黄緑色の為、黄色と相まってダイナカラーの中でも特に明るく輝きます。

IRIDESCENT BLUE BLACK
イリデセントブルーブラック(IRIDESCENT BLUE BLACK)
XL習作用油絵具 ステューディオアクリリック360(以上、PB)
真珠光沢(=iridescent)で青から黒に輝く色。
青も藍に近い色で、全体的に深く落ち着いた色調ですが、真珠光沢は却って強く感じられるかも知れません。

IRIDESCENT VIOLET BLUE
イリデセントバイオレットブルー(IRIDESCENT VIOLET BLUE)
XL習作用油絵具361 ステューディオガッシュ361(以上、PB)
IRIDESCENT VIOLET BLUE2
ステューディオアクリリック356(PB)
真珠光沢(=iridescent)で紫から青に輝く色。
ダイナカラーでは唯一、同じ色名でありながら、画材によって色調も色番も異なります。

IRIDESCENT PARMA BLUE
イリデセントパルマブルー(IRIDESCENT PARMA BLUE)
ステューディオガッシュ362 XL習作用油絵具362(以上、PB)
この場合のパルマ(Parma)は、イタリアのエミリア=ロマーニャ州パルマ県の県都の事。
パルマの青と言えば、ここのコムーネ(都市に相当)の旗や紋章の青も存在しますが、ダイナカラーの場合、その色合いからパルマバイオレット同様名産のスミレの花の色をイメージしていると思われます。
ダイナカラーの他の青系の色より優しい感じで水色〜明るい青紫に輝きます。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 10 : 00 | 画材の色名事典(特殊色系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(特殊色系統・透明色)
2009 / 01 / 16 ( Fri )
以下は、いずれも溶剤のみの色名。

VEIL WHITE
ブレンダー(BLENDER)
ZIGアート&グラフィックツイン000 ZIGクリーンカラーFB 999(以上、KT)
元々ブレンダー(blender)は混合する人、もしくは機械、の意味。
ここでは染料を混ぜてインクにする溶剤だけのマーカーに付けられた色名です。
どちらの画材も水性染料使用なので水筆でもぼかせますが、これを用いるとムラが出にくい等のメリットがあります。

VEIL WHITE
カラーレス・ブレンダー(COLERLESS BLENDER)
コピックファミリー 0(TO)
カラーレス(colorless)は無色の意味。
これは、アルコール系の溶剤が無色透明である事を強調しています。
特にコピックファミリーの場合はバリオスインクが存在するので、空マーカーにこれと他の色を混ぜて更に淡い色を作ったり、下塗りしてぼかしたり、小さい面積なら修正したり、万一服や持ち物に付いた時緊急の染み抜きに用いたり・・・、様々な用途に使えます。
その意味で、他社のアルコールマーカーユーザーも、これだけは持っておくといいかも知れません。

VEIL WHITE
ソルベント(SOLVENT)
ネオピコカラー C-100 ネオピコ2 Y-400(以上、DL)
ソルベント(solvent)は、溶剤の意味。
使用しているアルコール溶剤の名前がそのまま用いられています。
詰替え用インクがないのが残念ですが、価格の割に使用感は遜色ありません。

VEIL WHITE
ブライトホワイト(BRIGHT WHITE)
ツインマーカーPU002 11-0601(SS)
ブライトホワイト(bright white)は輝ける白、の意味。
但し、アルコール系のツインマーカーにおいてこの色名は有効だったのは、マーカー用紙の様に真っ白い紙の上に限られました。
画材が製造を終了した今、色名はパントンファッション&ホームにて、本来の真っ白として健在です。

COLOR LESS
カラーレス(COLORLESS)
アーティスト・オイルバー218(WN)
カラーレス(colorless)は、無色の意味。
オイルバーのバインダーを固めて作られていると思われます。
用途は先述のマーカーの透明色とほぼ同じ。
特に透明色と相性が良く、淡く、美しい色を出します。

TRANSPARENT MEDIUM
トランスペアレントメジューム(TRANSPARENT MEDIUM)
アーティスト・オイルバー218(WN)
トランスペアレント(transparent)は(反対側まで見える位)透明な、一方メジューム(メディウムとも ; medium)は、美術用語では展色材や溶剤を意味します。
セヌリエオイルパステルのバインダーだけを固めて作った透明色で、上からこすってぼかしやグラデーションを作る時等に活躍します。

MATSUDACK
マツダック(MATSUDACK)
マツダ専門家用油絵具A-142(MT)
松田油絵具が開発した、ゴールドやシルバー等の金属色専用の溶き油。
その正体はアルキッド樹脂で、ほぼ無色透明です。
金属色に用いると、輝きや発色を損ねる事無く、色を伸ばす事ができます。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 54 : 15 | 画材の色名事典(特殊色系統) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |