画材の色名事典(茶系統その29)
2007 / 01 / 31 ( Wed )
灘ブラウン
なだブラウン(灘ブラウン)
Kobe INK物語No.16(NS/SL)
灘五郷(なだごごう)は、兵庫県西宮市(今津郷・西宮郷)から神戸市の東灘区(魚崎郷・御影郷)・灘区(西郷)にまたがる日本酒の名産地。
良質の酒米(山田錦)とミネラル水(宮水)の産地であった事に加え、輸送に便利な大きな港があった事がその理由です。
加えて、白壁土蔵造りや赤煉瓦の酒蔵の伝統的な景観も評判でしたが、平成7(1995)年の阪神淡路大震災で甚大な被害を受け、廃業を余儀なくされる中小蔵元もありました。
しかし、残りの蔵元は何とか復興、日本一の酒造業地帯の名を守り続けています。
色相に偏りが無く少し明るい茶色は、灘五郷の酒蔵の色に加え、明治時代以降裕福な醸造家が牽引してきた阪神モダニズムをイメージしています。

NUT BROWN
ナッツブラウン(NUT BROWN)
W&Nカラーインク441(WN)
この場合のナッツ(nut)は、くるみや栗等、殻の堅い木の実の事を指します。
バランスの良い焦げ茶色で、イラストの輪郭線に向いています。
なお、W&Nカラーインクのパッケージには木の実とリスが描かれていますが、同製品のバーントシェンナのリスに比べると、インパクトと愛嬌に欠ける様な気がします。

NICKEL AZO YELLOW
ニッケルアゾイエロー(NICKEL AZO YELLOW)
ゴールデンアクリリック101(GL) ヴェルネ021(HL)、他
色名は使用顔料(Azo-nickel compLex,PY150)に由来します。
そのままだと普通の金茶色ですが透明度が非常に高く、薄めると明るく綺麗なトーンを出せます。
但しPY150はゴールデンアクリリックスの大型チューブに有害の表記があるので、念の為取り扱いに気をつけましょう。

NUTRIA
ヌートリア(NUTRIA)
ツインマーカーPU073 18-0825(SS)
ヌートリア(Nutria)の体毛の様な、やや緑がかった茶色。
ヌートリアはネズミ目・ヌートリア科に属する哺乳類の一種。南米のアルゼンチン・チリ・ブラジルなどの水辺に穴を掘って暮らしています。草食性でマコモやホテイアオイなどが主食です。体長はシッポも入れて約70-100cm、体重は約5-9kgで、見た目はドブネズミに似ていますが、耳が小さく、後ろ足に水掻きが付いています。
第二次世界大戦ごろに、軍隊の防寒服用の毛皮を採る為に日本も含め世界各国で飼育され、その後放置され、野生化していきました。
現在、日本では西日本各地に生息しており、特に岡山県では生態系を脅かすからと深刻な問題になっています。
また、最近では大阪の道頓堀でもその姿が確認され、住民を驚かせています。

NAPLES YELLOW3
ネープルスイエロー(NAPLES YELLOW)
パステルペンシルP070(DW)
"ナポリの黄色”ネープルスイエローは元は火山灰から生まれた色です。
今では様々な色が派生していますが、パステルペンシルの場合は濃い黄土色をしています。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
ヌートリア追記:
参考サイト:『Wikipedia』
      『ZOO21st~21世紀の動物園』
ヌートリアの別称は「コリプー(Coypu)」と言います。
これは原産の南米での呼び名「コリポ(Coipo)」の英語読みで、実はこちらの呼び名の方が一般的です。
また、海狸鼠(かいりねずみ)、沼狸(しょうり、ぬまたぬき)と言った和名もあります。
ちなみに「ヌートリア(Nutria)」とは、スペイン語で「カワウソ(の毛皮)」を意味します。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

21 : 27 : 08 | 画材の色名事典(茶系統) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://seta325.blog2.fc2.com/tb.php/348-9e3a2b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |